毒母 毒親 

毒母の娘たまこのブログ

大人になっても毒母に苦しむ人を助けたい、たまこです。

毒親育ちは〇〇〇〇と伝えることに慣れていない。

こんにちは。

たまこです。

f:id:Poisonmotherchildtamaco:20201025221124j:plain

photo by AC

きのう、朝のJWAVEで、シンガーのAIさんが子育ての話をしていました。

1歳と3歳のお子様がいらっしゃるAIさん。

子育てで大切にしていることは、

「あなたのことが大好きよ」

を、いつも伝えることだそうです。

ハグしたり、

言葉にしたり、

毎日手を変え品を変え、何度となく伝えているそうです。

そうすると、子供たちが自己肯定感を持つことができるからです。

自己肯定感はとても大事だと、おっしゃっていました。

毒親育ちには、こんな風に言われた体験がありません。

正直、羨ましいと思いました。

 

母や父からハグされて、温かく包まれる感覚。

ハグされて感じる安心感、喜び、優しい気持ち。

毒親育ちが手にすることができなかったものです。

 

でも大丈夫。

温かい映画を観たり、本を読んだりすると、

手に入れることができずにいたこれらの感情や体験を、

今からでも補うことができます。

自己肯定感をしっかりと持つことができるようになります。

 

私のオススメは、絵本です。

誰かに読んでもらうのがいちばんですが、

自分で読んでも効果があります。

読むときのコツは、頭で考えないこと。

文字を追いながらも、

出来るだけゆっくりと、絵を楽しみます。

ストーリーの情景をイメージして、

そこにある風や、香りや、音、味、手触り、色、暑さ寒さ、高さ低さなど、

五感を最大限に働かせて、感じてください。

ストーリーの中にどっぷり浸かっているあなた自身が、

どんな風に感じているか、気づいてあげてください。

これまで体験できなかった温かい気持ちを、

きっと感じているはずです。

 

さて、どんな絵本を読めばいいかです。

このテーマではやはり、以前ご紹介した

「いいこってどんなこ?」

が、ものすごくおススメです。

他にも、

「どんなときでも」エマ ドッド (著), Emma Dodd (原著), とだ ともこ (翻訳)

 が好きです。

あったかい気持ちになれます。

ぽっかりあいた心の穴を、絵本を読むことで埋めていきましょう。

 

もし、あなたにお子様がいらしたら、

AIさんのように、「大好き」を毎日伝えてみましょうよ。

毒親育ちには、ちょっと気恥ずかしいかもしれません。

私も、娘に腕を組まれただけで、最初はちょっとビックリしました。

慣れない感覚がありましたが、でも大丈夫。

毎日少しずつでも、手を繋いだり、言葉をかけたり、ハグしたりしているうちに、

何の抵抗もなく自然にできるようになります。

自分からそうしていると、

子供が満たされるだけでなく、毒親育ちの私たち自身が満たされていきます。

 

AIさんがJWAVEで流していた

youtu.be

という曲、

まさにこの事が描かれています。

素敵な歌詞、必聴です。

 

良い音楽や本、演劇、映画、にたくさん触れてください。

ぽっかりあいた心の穴は、

少しずつ、少しずつ、

温かいもので満たされ、潤っていきますから。

 

#どくおやっコぐらし 毒親 #毒母 #毒親育ち #アダルトチルドレン #AC  #悩み相談 #心理学 #生きづらさ #自己肯定感 #居場所