毒母 毒親 

毒母の娘たまこのブログ

大人になっても毒母に苦しむ人を助けたい、たまこです。

解毒とは、〇〇〇が喜ぶことをすること。

こんにちは。

たまこです。

 

打ち合わせに出かけた帰り道、

どうしてもあるものが食べたくなり、

お気に入りのカフェに直行。

f:id:Poisonmotherchildtamaco:20201122222633j:image
f:id:Poisonmotherchildtamaco:20201122222536j:image

↑和栗とクリームとメレンゲのシンプルなモンブラン

 

毎年この季節だけの和栗のモンブラン

甘さは控えめ。

栗の風味が口の中にひろがり、

一気に秋を運んできてくれます。

むき栗を食べた時のような素材の味がします。

栗のペーストが口の中の水分を枯渇させるあの感覚がまたいい。

思わず感嘆の吐息がこぼれます。

たった一口で更に元気になり、来て良かったと心から納得します。

これだけで、秋を満喫した気分です。

なんと幸せな瞬間でしょう。

 

毒親問題に気づく前の私は、

自分からは、このような嬉しい体験ができませんでした。

こんな贅沢をしてはいけないのではないか、

もっと安くてカジュアルなカフェに行くべきではないか、

と考えてしまうからです。

我慢すべきではないか、と考えていたのです。

 

でも、気づいてしまったのです。

価格が安いカフェとは、大きく満足度の違いがあることに。

安いカフェで10回ケーキを食べるよりも、

ちょっと高いけど大好きな和栗のモンブランを1回食べる方が幸せだということに。

身体が喜ぶメニューを頂くことの方が、

何倍も豊かで幸せであることに。

 

価格の安いカフェが悪いのではありません。

時と場合によって、どちらが適切であるかが違うだけです。

元々、用途が異なるのです。

それぞれに良さがあります。

その時々で、どちらを選ぶかです。

 

以前にも触れましたが、自分が喜ぶことをすることに、どこかで罪悪感がありました。

それは、毒親育ちが背景にあって、自己肯定感が低いからです。

そんな嬉しいことをしていいほどの価値が、

自分にはない。

心のどこかで、そう感じているのです。

 

たった一口で思わず笑顔になるものを頂く。

幸せと充実感に満たされます。

毒親育ちこそ、こんな体験を重ねて幸せになってほしい、

自分を大事にしてほしい、満たされてほしい、そう思います。

これまでしてこれなかった小さな幸せ体験を、沢山して欲しいのです。

それが、解毒に繋がりますから。

 

私のおすすめの和栗のモンブランは、ここで召し上がれ。

身体も、心も、どんどん満たしていきましょう。

 

#どくおやっコぐらし #毒親 #毒母 #毒親育ち #アダルトチルドレン #AC  #悩み相談 #心理学 #生きづらさ #自己肯定感 #居場所